調剤薬局の薬剤師求人はマイナビ薬剤師で探そう!

調剤薬局の薬剤師求人はマイナビ薬剤師で探そう!

薬剤師の案件を見たときに、どのサイトでも1番多いのが調剤薬局の案件です。ドラッグストアや病院の案件もあるものの、やはり調剤薬局の案件が1番多くなっています。病院の数は限られているものの、調剤薬局は店舗進出などで店舗数も増えていますし、薬剤師の資格をしっかり活かすことのできる場所です。調剤薬局と一概にいっても、様々な特徴があります。大手の調剤薬局チェーンになると、安定した福利厚生や安定した給与がある程度保証されてますし、地域に根付いた小規模の薬局になると、会社を従業員全員で作り上げるというやりがいがあります。そのため、調剤薬局にしぼって探すと言っても薬局の特徴をしっかりと掴むことが重要なのです。また、最近では調剤薬局の求人も競争率が激しくなっており、2016年には薬剤師の試験の合格者が最多となり、書類選考も激化してきています。そのため、自分のスキルもしっかり磨くことが重要です。

このように、調剤薬局の特徴をしっかりつかむためには、しっかり求人サイトを見ることが重要です。特に、マイナビ薬剤師は調剤薬局の案件数も情報量も多く載っています。大手の薬局チェーンから、地域に根付いた薬局までお店の規模は様々です。マイナビ薬剤師のサイトでは、27000件から28000件ほどの調剤薬局の案件が掲載されています。地域や特徴などで細かく絞ることができ、自分の希望しているお店や企業のみを見ることができます。また、マイナビ薬剤師では、詳細に入らなくても、検索結果画面に薬局んぼ情報が詳しく載ってします。例えば「育児休暇取得率100パーセント」や「年収700万円程度可能」などその薬局のメリットや特徴などが詳しく記載されています。そのため、検索画面の時点で薬局の特徴がしっかりと分かり、検索画面の時点からある程度希望の調剤薬局を絞り込めます。

また、非公開の求人も薬局の特徴などが記載されているため、気になるものがあったら、会員登録をして情報を閲覧することも可能です。また、調剤薬局の案件にかかわらずマイナビ薬剤師のサイトでは、スタッフから見たチェックポイントが記載されています。実際どのような研修制度があるのか、どのような患者さんが多いのかなどを記載しています。その店舗で働くとなると、これらは非常に重要な項目となります。例えばアットホームとなれば、地域に根付いた店舗であることがわかりますし、スキルアップと書かれていれば、研修制度が充実していることが分かります。