治験の薬剤師求人はマイナビ薬剤師で探そう!

治験の薬剤師求人はマイナビ薬剤師で探そう!

薬剤師の求人案件となると、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどが一般的です。しかし、現在はそれ以外の案件も増えてきています。その一つが、治験コーディネーターといわれる職業です。SMOで働く治験コーディネーターなどは、企業の動向に左右され、業界全体の動きが激しいのが特徴です。しかし。市場はまだまだ人手不足の状態となっています。仕事内容「としては、臨床開発モニターと同じですが、患者さんとの関わりが非常に多い職場です。治験を受ける患者さんの不安をしっかり取り除けることができるような薬剤師さんがぴったりだと言えます。

調剤業務から少し離れてスキルアップしたいという方にも、合っている業務内容です。金額的には臨床開発モニターほどは多くないものの、患者さんとのコミュニケーション、新薬の開発などやりがいを感じれる職業でもあります。このような治験コーディネータの案件はマイナビ薬剤師にも掲載されています。

マイナビ薬剤師は全体で約40000件から50000件ほどの案件が掲載されています。しかし、治験コーディネーターとなると61件まで件数は減ります。治験コーディネーターを募集している企業が少なく、あまり需要が多くないこともわかります。また、治験コーディネーターの仕事は全国各地にあるというわけではありません。多くは都心や人口が多いエリアに集中しており、自分が住んでいる都道府県にあるというわけではないため、治験コーディネーターになりたいと強く思っている人は、まず自分の住んでいるエリアに案件があるかどうかをしっかり調べる必要があります。マイナビ薬剤師は細かいエリアまで調べることができるので、安心して探すことができます。

また、治験コーディネーターに転職するとなると、初めての方は業務内容をしっかりと調べることが重要です。基本の業務内容はほとんど同じですが患者さんと関わりが多いところ、チーム内のコミュニケーションが多いところなど、業務内容一つにとっても企業の特徴が出ます。そのため、業務内容の箇所をしっかりと見ることが重要です。その点、マイナビ薬剤師はしっかり内容が細かく記載されているので安心して調べることができます。

また、応募条件のところもしっかり見る必要があります。どのような資格を持っているべきか、経験有無はあるかどうかなどをしっかりと見なければなりません。場合によっては、未経験の方を歓迎しているところもあり、治験コーディネーターの経験がない人でも挑戦することができます。そのため、応募条件をしっかり見なければなりません。