横浜エリアで薬剤師求人を探す

横浜エリアで薬剤師求人を探すならマイナビ

神奈川県の県庁所在地である横浜市は、県内ではもちろんのこと日本でも有数の大都市といえます。市区町村別でみると、日本で最も人口が多くなっています。2012年のデータでは、実に370万人もの人々が生活しています。これだけの多くの人が暮らしているエリアなので、薬剤師の求人もかなり多く出ています。年間を通じて安定して求人が出ているので、自分のペースで情報収集できます。

横浜市の求人の中でも、やはり調剤薬局の求人が多くなっています。横浜市は慢性的な薬剤師不足に陥っているので、薬剤師にとっては売り手市場といってもいいでしょう。このため、少しでも人材を確保するためにより働きやすい条件を求人情報の中でアピールする傾向が見られます。交通費を支給するとか、時給2,000円以上といった好条件の求人が多く見られます。また最寄り駅から歩いてすぐ、または近くにスーパーがあるなどの立地条件の良さをアピールしている募集も見られます。マイカーを持っている人のために、マイカー通勤を認めている求人も掲載されています。さらに転職を希望する薬剤師の中には、キャリアアップを求めてという理由の人もいることでしょう。そのような人のために、スキルアップ研修を設けている募集も出ています。

医療法人が募集する案件が多いのも、横浜エリアの傾向といえます。病院で仕事をしてみたいという薬剤師の方も多いようですが、調剤薬局と少し勝手が違うので経験を積むという点ではプラスになります。入院患者に対しての薬の配布が主な業務になり、服薬するにあたってどのようなことに注意すべきか、患者に分かりやすく指導する必要があります。またきちんと薬を服用しているか観察しないといけません。そのため調剤薬局の時よりも、患者とコミュニケーションがとれます。患者としっかり向き合って仕事をしたいと思うのであれば、横浜エリアで求人は探しやすくなっていて、国立病院の他に民間病院でもたびたび募集があります。

またドラッグストアの求人も多く出ています。ドラッグストアでは、薬剤師がいないと市販の薬でも販売できなくなります。そこで薬剤師の募集を頻繁に出すのです。ドラッグストアの中には、夜遅い時間帯や24時間営業している所も増えてきています。もし夜間のシフトに入ってもいいというのなら、その部分を面接のときにアピールしましょう。夜間薬剤師を確保するのに苦労しているお店が多いので、採用される可能性が高まります。まずはリクナビ薬剤師を使って、めぼしい求人が出ていないかどうか確認しましょう。