残業月10時間以下の求人はマイナビ薬剤師で探そう!

残業月10時間以下の求人はマイナビ薬剤師で探そう!

薬剤師案件となると様々な業務内容があり、労働条件も異なります。調剤薬局やドラッグストアの場合は開店時間や閉店時間も決まっており、あまり残業がないようになっています。人が少ない場合は、残業が発生する場合もありますが、ある程度充足していればその可能性も低くなります。また、製薬会社の場合は取引先との商談やノルマ達成など、場合によっては月に何時間も残業しなければならないこともあります。

また、イレギュラーな患者さんや緊急の患者さんが来る病院などでは、残業が発生する場合があります。そのため、できれば避けたほうがいいと言えます。しかし、このようなことは働いてみなければ分からなく、事前にこのようなことを考えながら探していると、なかなか希望の案件に出会えない可能性があります。しかし、マイナビ薬剤師はその心配もありません。

マイナビ薬剤師のサイトのこだわり検索のなかには、残業月10時間以下という項目があり、その案件数は13000件〜14000件ほどで全体の約4分の1から5分の1という高い割合になっています。そのほとんどが、やはり調剤薬局で、閉店時間近くに終わるようになっています。

実際、残業時間も微々たるもので基本就業時間に上がることができます。大手薬局チェーンだけでなく、店舗数が少ない調剤薬局も残業がないように取り組みをしているところもあります。また、在宅訪問をおこなっている調剤薬局も、残業0にむけて取り組みをおこなっており、様々な職種で残業0に向けての取り組みをおこなっていることがわかります。マイナビ薬剤師の中には、製薬会社で月の残業時間が10時間以下の企業もあります。詳細を見ると、やはり従業員数は多いところや、ある程度人員が充足している会社や薬局が、残業時間が少ない傾向にあります。

マイナビ薬剤師はこのように、残業時間という側面から案件を絞ることができます。現在子育て中の方や、結婚されている方によって残業時間は非常に重要なポイントです。こどもを迎えに行く時間が遅れてしまったり、料理を作る時間が遅れてしまう可能性があります。そのため、本当に残業がないのかどうかは調べることが必要になります。マイナビ薬剤師の場合は、残業が少ない案件を多く取り揃えています。どうしても不安な人などは、薬局やドラッグストアに直接問合わせてみるのもひとつの手です。まずは、マイナビ薬剤師で案件の詳細を見てみましょう。