マイナビ薬剤師で履歴書作成

マイナビ薬剤師で履歴書の作成支援

薬剤師としての転職活動を行う際に必ず用意しなければならないのが、履歴書などの書類です。どんな企業への転職活動を行うにあたっても、まずは書類審査に通過できなければ、面接に進むことはできません。つまり、転職活動をうまく進めるために履歴書は過不足なく、適切に作成されなければなりません。

マイナビ薬剤師では履歴書の添削・作成支援サービスも提供しています。同様のサービスを提供している薬剤師転職エージェントは数多くありますが、履歴書の書類審査通過率ではマイナビ薬剤師によるものが最も高いという実績があります。マイナビ薬剤師では、自社で作成した履歴書フォーマットを無料で提供しています。登録ユーザーはそれをダウンロードして自分の分かる範囲で記入し、専任のキャリアコンサルタントの指導やアドバイスを受けることになります。

履歴書に記入する項目にはさまざまあります。氏名や生年月日、現住所などは特に問題ありませんが、志望動機、本人希望欄など、記入する際に意外と困ってしまうところも少なくありません。

志望動機を書く際に気をつけたいポイントは、面接官にとってできるだけ分かりやすく書くことです。まずは、その企業への転職を希望するようになった動機について、紙に書き出してみましょう。通勤時間を短くするためであったり、職場の人間関係に悩んだため、あるいは、より給与の高い職場に転職したかっため、などさまざまあると思います。ステップアップのための転職である場合でも同様に、自分の考えを要素化して書き出してください。

次に、これらの項目が仕事の内容にあたるのか、働く際の条件に当てはまるのか、あるいは、福利厚生に関するものなのか、それぞれの項目を色分けしていきます。こうすることで、ひとまとまりになっていた志望動機を仕分けすることができ、より客観的に志望動機を組み立てていくことができます。つまり、福利厚生や働く際の条件などの項目は除外して、仕事の内容にあたる部分を、より深くつきつめていくこと。こうすることで、シンプルで分かりやすい志望動機をまとめることができます。

本人希望欄には、どこまでの条件を記入すればいいのか判断に悩むことが少なくありません。ここには、家族構成による事情や都合など、どうしても譲ることのできない条件だけを記入するほうがいいでしょう。思いつく限りの条件を並べてしまうと、面接官の印象も転職の動機がそこにあるのではと思ってしまう恐れがありますので、詳細な条件については、面接で尋ねられた際に質問するようにしましょう。