マイナビ薬剤師のJOBフェアについて

マイナビの薬剤師求人サイトのjobフェア

薬剤師の業界においては、国家資格を持った売り手市場ということもあって、大手の人材紹介サービス会社が転職支援サービスをインターネットを中心に実施しています。パソコンに向かって数分入力するだけで登録を行うことができますし、電話やメールなどで案件の紹介や転職活動の具体的なアドバイスを受けることができるため、毎日の仕事で忙しく働いている薬剤師にとっても、うれしいサービスと評判になっています。

しかしながら、やはりネットだけですべてを進めていくことに対して不安を抱いてしまう人がいることも確かです。専任のコンサルタントによって、希望する転職先の職場の雰囲気や動労環境についての情報を提供してもらうことはできますが、果たして自分の考えているような働き方ができるのかについては、やはり自分で実際に職場におもむいて、担当者に会って話を聞く機会が必要だと感じる人は少なくありません。

そこで、マイナビ薬剤師では、ユーザーと企業の担当者とのマッチングを行うためのjobフェアを定期的に開催しています。入社して数ヶ月で退職や転職をしてしまう社会人が増えていることが話題に上る機会も多くなっていますが、jobフェアのメリットは、雇用する側と雇用される側が事前に話をすることで、そういったミスマッチを事前に回避するという大きな目的があります。薬剤師の業界は、業態によってさまざまな働き方がありますので、同じ調剤薬局と言っても、経営組織の規模や地域性などによって、職場で薬剤師に求められる役割が異なります。jobフェアでは、お互いの条件を持ち寄ることで、より現実的なマッチングの機会を提供しています。

マイナビ薬剤師では、東京や大阪といった大都市を中心としてjobフェアを開催しており、毎回50社程度の企業が参入しています。企業の業態も大手の病院や総合病院、クリニックや調剤薬局、ドラッグストアや製薬会社など、ユーザーにとってもとても貴重な機会となっています。

実際のjobフェアにおいては、自社ブースを設置し、そこをユーザーが回遊しながら、それぞれの担当者と具体的な話をするという流れで進行していきます。また、マイナビのコンサルタントが会場でキャリアコンサルタントを行ったり、転職に関する疑問を解消したり、ノウハウについて学んだりできる場も提供されています。薬学部に在籍している学生や薬剤師の資格を持っている人であれば無料で参加できますので、お住まいの地域で開催される際は一度のぞいてみることをおすすめします。