マイナビ薬剤師の面接対策について

マイナビ薬剤師で面接対策

マイナビ薬剤師の登録ユーザーが評価しているサービスの一つに、実践的な面接対策が挙げられます。転職活動においては、採用担当者はまず履歴書や職務経歴書に目を通すことで、候補者のキャリアや適性などを見極めたうえで、面接を通してそのことを確認する作業を行う傾向にあります。つまり、面接においてはその人の人となりや人柄などをチェックされるのです。

マイナビ薬剤師では、実践的な面接対策として質疑応答を行うだけでなく、面接にのぞむ際に注意しておくべきことまで、広くアドバイスを行います。

まず第一に、面接の予定されている時間の5分前には会場に到着するようにすることです。当たり前に思う人もいるでしょうが、転職の面接の際に予定時間に間に合わずに遅刻してしまうケースは時々あります。万が一遅刻しそうになった場合は、必ず電話をして遅刻することを伝えること、その時に遅刻の理由をきちんと伝えること、そして謝罪を行うことを忘れずに行ってください。理由にもよりますが、これを行うことで大幅に減点されることはなくなりますし、かえって社会人としてしっかりした人だという印象を与えることにもなります。

そして面接の際には、以前の職場のネガティブなことは口にしないように気をつけてください。もちろんネガティブな要素があったことが転職を行う動機になったかもしれませんが、表現を工夫して、できるだけポジティブな言い方に変えてみるように心がけましょう。そのままの気持ちを伝えてしまうと、転職したあとにも同じような理由で退職されるのではないかという印象を持たせてしまいますし、聞いている立場としても決して気持ちの良いものではありません。

面接の最後に「何かそちらから聞いておきたいことはありますか?」と尋ねられることがよくあります。給与面や勤務時間、休日制度などについて確認できていなければ、この場で質問をすることもできますが、こういった事務的な内容の質問を最後に行うと、その印象が強くなることもありますので、できれば控えたほうが好ましいでしょう。この場合は、「本日はお忙しい中お時間を頂戴し、ありがとうございました。まだ私が採用されるか分かりませんが、もし採用されるとなった場合、御社に入社するまでに学んでおくべきことはありますでしょうか?」といった質問を返すことで、本人のやる気や熱意を面接官に効果的に伝えることができます。

マイナビ薬剤師の面接対策としては、これらのポイント以外にも面接時に好ましい服装など、知っておいて損はない面接に関するノウハウを数多く提供してもらえます。